【電動ガン】DSGカスタムトラブルシューティング

電動ガンのDSGカスタムにおいて、起きやすいトラブルとその対処方法をまとめてみました。 DSGに簡単な組み方はこちらをご参照ください⇒DSGカスタムレシピ トラブル① DSG電動ガンが弾ポロしてしまう 【解決策】 ノズルの位置をまずは確認してください。 1)ノズルの待機位置が完全に後退しており、挙動に問題がない ⇒この場合はほかに問題があります。 2)ノズルの位置がバラバラ ⇒ノズルの位置が不安定だと、弾の保持が毎回変わり2発給弾などの問題も起きやすくなります。タペットプレートの動きを見ながら調整しましょう。また、駆動が不安定なものはDSGの難易度が跳ね上がります。電子トリガー制御か安定したモーター、バッテリーを推奨します。 3)ノズルの待機位置が完全に前進しており、挙動に問題がない ⇒ホップが弱いか、保持位置が不正か、タペットのたたき込みが強すぎるかです。 保持位置は、叩き込みの強さにも関係してくるため、ぴったりにしすぎないほうが無難です。 保持位置を調整するのが難しい場合は、長掛けのパッキンを使うとごまかせます。 トラブル② DSG電動ガンが給弾しない 給弾不良関係は、まず弾の精度を疑ってください。 古い弾や、夏場は特に注意が必要です。 次に、マガジンを疑ってください。サードパーティー製だけで組み込んでいる場合は特に相性が出ます。 また、マガジンの押し上げが弱いものや強すぎるものは給弾不良が出やすいです。 上記に当てはまらない場合は以下の可能性が強いです。 1)タペットプレートを削りすぎてしまっている。 ⇒タペットプレートの調整をしてください。しっかりとノズルの動きを確認し、給弾できる位置まで後退しているか確認してください。 2)使っていて給弾しなくなった。 これも上記同様、給弾ができなくなる位置まで摩耗してしまっている可能性があります。交換してみてください。 銃によってタペットプレートの調整は異なるため、うまくできたものは写真で保存するなどしておくとよいかもしれません。 トラブル③ DSG電動ガンの初速が出ない 初速のざっくりな基準を以下として設けます。 ①インナーバレル:200㎜ 内径6.05~6.08㎜ スプリングM120 ⇒初速85~95 ②インナーバレル:140㎜ 内径6.05~6.08㎜ スプリングM130 ⇒初速85~95 上記の基準を下回る場合は何らかの影響で初速が出ていない可能性があります。 また基準外の長さ(140㎜~200㎜に収まらない)もしくはルーズバレル使用の場合は別途対策が必要です。 ただでさえ負荷が高いので、タイトバレルで初速を稼いだ方が得策です。 上記に当てはまらない場合は、下記の可能性があります。 1)エアが足りない シリンダーの容量がそもそも合っていないか、もしくはタペットプレートでの閉鎖不良が考えられます。 シリンダーに関しては、170~200㎜であればフルシリンダー、140~170㎜であればクルツシリンダー(もしくはクルツ反転シリンダー)で調整してください。 2)タペットプレート閉鎖不良 参考はこちらをご確認ください⇒DSGカスタムレシピ タペットプレートの動きがスムーズかどうか、ノズルとシリンダーヘッドがタイトすぎないかどうか確認が必要です。 特にDSGはシビアですので細心の注意を払って組み込む必要があります。 トラブル④ DSG電動ガンがすぐに壊れる パーツ次第で、以下の対策が必要です。前提として、スプリングが強い場合などや回転が速すぎる(秒間50以上など)場合は別途対策が必要です。 1)ピストンクラッシュ(ピスクラ) ⇒AOE調整(ピストンとギアの歯当たり調整)をしてください。 また、ピストンが重すぎたり、スプリングが弱すぎてもクラッシュに繋がります。 十分なピストンスピードが稼げているかどうか確認してください。 2)メカボが割れる ⇒シリンダーヘッドにメタルを使用している場合は故障する可能性が非常に高いです。 POM等に変えてください。 3)ギアクラッシュ(ギアクラ) ⇒シム調整ミス、軸受が水平ではないことが考えられます。 トラブル⑤ DSG電動ガンの弾道がばらつく 様々な要因が考えられますが、トラブル①・トラブル②の対策をしたうえでばらつくようであれば、チャンバー側に問題があるかと思います。

【電動ガン】DSGカスタムトラブルシューティング2021-11-13T15:54:26+09:00

【最新】電動ガンDSGカスタムレシピ【お手軽ハイサイクル】

今回は、なるべくでパーツがそろいやすく、そこそこ組みやすい形で、レシピに落とし込もうと思います。 DSG入門編と思っていただければと思います。 特に、タペットプレートはセミを重視するのか、フルを重視するのかで適切なセッティングが違い、ある程度いろいろな形でも初速は出せるので、個人的に一番簡単な形を採用します。 【ベースガン】 何を使っても問題はないのですが、今回はG&GのCM16SRSを採用します。 理由はこれと言ってないですが、安価なことと、電子トリガーが最初から搭載されているため使いやすいのではないでしょうか。 ベース:G&GCM16SRS G&G CM16 SRS G&G AEMAMENT 電子トリガー搭載機も安くなりましたね… 【ギア類】 G&Gのギアは基本的には固く壊れにくいです。 かつ、純正の軸受とセットであれば動作はします。 しかし、最近の個体は歪みがひどいケースが散見されるため、気になる場合は別メーカーのものを使うとよいと思います。 セクターギアに関しては、SHSあたりが無難です。モーターはイフリートを想定しているため、ピニオンギアは純正がよいかと思います。スパーギアを交換する際もSHSが無難でしょう。 SHS ショートストローク ダブルセクター ギアタペットプレートセット 18:1 dsg Ver.2 SHS 軸受に関しては、ボールベアリングに変えると多少サイクルが上がります。その際、ギアが歪んでいる個体に関しては回らなくなるので、スパーギアの交換も必要になります。 [Laylax] [マルチフィット 8mmベアリング軸受け][G&G用][PROMETHEUS] LayLax G&G専用ですが、シムは再調整必須です。 【ピストン】 全金属かつ、樹脂のボディであれば何でもいいのですが、ギア類をSHSに換装しているため、SHSを推奨しておきます。 ピストンヘッドに関しては、吸気穴の無い最近のタイプであれば交換しなくても問題ないですが、吸気穴のあるタイプの場合は強度的にに交換したほうが良いかもしれません。 ピストン:SHSフルティース SHS 守護神 強化 ピストン 金属歯14枚 SHS これじゃなくてもいいです… 【シリンダー周り】 特に交換しなくてもよいです。 吸気穴の位置を変更すると、若干の初速向上はありますが、重量弾使用時の初速低下を考えると変更しなくても大きなデメリットにはならないかと思います。ピストンヘッドのオーリングも純正でも大きな問題はありません。 【タペットプレート】 DSGカスタムに関して、一番厄介なのがこいつです。 様々な理論がありますが、今回は非常に簡単な方法をお伝えします。 初速が出なかったら、羽の高さ(棒の部分を除く)を12㎜から7㎜まで1㎜ずつ削っていく…これだけです。 ほかにも効率のいいやり方はたくさんありますが、個体差、フルオートのスピードがそれぞれ組む人によって変わるため、適正な位置が把握できません。 ということで、割といろいろな種類の削り方がありますが、セミ重視かつプリコックさせる場合で、ノズルを後退保持の場合は12㎜、フルオートメインの場合でプリコックしないのであれば7㎜…とかとか…書ききれませんので、また別の機会にまとめていきたいと思います。 タペットプレート側の加工もそうですが、メカボのレール側をタペットプレートがスムーズに稼働するように、きれいに磨いてあげてください。 タペットスプリングに関しては、カットしなくても初速が出ますが、サイクル次第では1巻き~2巻きカットが良いかと思います。

【最新】電動ガンDSGカスタムレシピ【お手軽ハイサイクル】2021-11-13T15:54:59+09:00