インナーバレルとチャンバーを固定するパーツです。
また、押しゴム(ホップテンショナー)でパッキンを上から押し付けることで、上昇方向に回転(ホップ)をかけ飛距離を伸ばします。
ホップをかけないと、10m付近から落下し、1.5mの高さからで射撃すると30m付近で落下します。
※弾の重さなどによる誤差はあり
ホップをかけることで飛距離を40m~50m付近まで伸ばすことができます。

逆にかけすぎると浮き上がってしまい、狙うのが難しくなります。
これを調整することをホップ調整といいます。

BB弾に直接的に触れるパーツかつ、飛距離や精度にも影響のあるパーツの為様々な研究がされたパーツでもあります。
そのため、様々な形状が登場しています。

様々なオカルトパーツが、それっぽい売り文句で売られているので注意が必要です。
飛距離が伸びる=強い回転がかかる
なので、ただ単にホップが強くかかるだけです。

エアガンの飛距離に関する詳細はコチラ

役割としては大まかには下記の通りです。
・チャンバー内で弾を保持する
・BB弾にホップ回転をかける
・チャンバーとインナーバレルの機密を取る
・ノズルとインナーバレルの機密を取る

オススメパーツは正直これと言ってありません。
しいて言えば、東京マルイのパッキンは汎用性が高いです。

created by Rinker
東京マルイ(TOKYO MARUI)
¥300 (2024/04/15 08:43:42時点 Amazon調べ-詳細)